2005年 09月 23日   
・・・
[PR]
# by haku_n | 2005-09-23 19:54 | レポート   
2005年 09月 22日   
・・・
[PR]
# by haku_n | 2005-09-22 20:40 | レポート   
2005年 09月 21日   
・・・
[PR]
# by haku_n | 2005-09-21 22:54 | レポート   
2005年 09月 20日   
正直自分でもこんなことをするのはどうかと思う
でも、仕方が無かったんだ
という訳で、ここ数日間のログいじってます
半端ないぐらい長くなりすぎて、再分割、最適化するしかなかったんだもん・・・orz;;
なので申し訳ありませんが、少し遡って内容の確認をお願いしますです・・・


--------------------

8月12日 09:31~16:00

あらすじ : 死地を乗り越え辿り着いたソコには、何かが蠢いていた (まぁ、なんかいろいろと)

ついに動き始めた、波
皆、足早に逆三角めがけて歩いていく (と書いて競歩と読む)

「走らないで、ゆっくりと、順序を守って歩いてくださ~い!」

ゴメン、それはできない
隙間があれば蛇の如く、どんどん抜かす
前回はコスプレ広場まで行けたけど今回は列的にどこまでいけるかなぁ
と、思っていたら正面大階段を上ってコンビにとの中間地点でストップ まぁ上々

そして、暇を持て余していたからかどうなのかは定かではないが、話の流れはカシオペアから始まり時間移動や次元についての熱い議論へ
ほら、この時は丁度子供先生が同時間軸上にいっぱい現れたときだったから

そんなこんなで10~20分ぐらい話していると、前から拍手の波が!
遂に始まったか・・・
まず聞こえたのは、地鳴り
そう、皆さんもよくご存知の開幕ダッシュとやらですよ
まぁ開幕ダッシュなんてできる人たちは徹夜組だし、始発組以降には関係なし

そのうち列も動き始め、今度はコスプレブースでストップ
ここを抜ければ戦場
最後の入場前待機列に並ばされると・・・

ドジっ子スタッフ登場

スタッフ初体験らしき人が先輩と思わしき人にいろいろ指示されているみたい
待機列の移動のことみたい
仕切り用の黄色い棒も持って、ぉ、そろそろか

「は~い、じゃぁ移動しま~す ボクの後ろに並んでついてきてくださいね~!」

うんうん、頑張ってるみたいだな・・・、って移動させる列違うよ!
自分たちの列の方が早くから並んでいたのに、何故か隣の列から移動させ始めるスタッフ
風月さんと、おかしいですねぇ、と話していると

先輩スタッフ×3登場

急いで駆け寄ってきて、列を停止させると

「キミ~! 移動させる列違うって!!」

「ぇ!? だってさっき○○○さんが~・・・」

まるでコントの様
その場の誰もがその微笑ましい光景に微笑を禁じえなかったでしょう

で、すったもんだの末

「本当にスイマセンでした~」

面白かったからいいよ おkおkw

自分と地の列が移動され開放されると、そこには企業に情熱を注ぐ若者(?)たち×∞の長蛇の列が
そして果敢にも風月さんがその中の一人に・・・

健闘を、祈ります

自分は企業には行くものの、注文の品の他は無配(無料配布物)の回収に全力を注ぐつもりなので(学生にはお金が無いんですよ)、大手の外には並ばず建物の中へ
ダッシュをかけようと思っていると、syokoraさん、ジジさん、ジョリさんはまったりと行かれるご様子

健闘を、祈ります

本当にスイマセン(;;
正直他の方はこの時点で行方がわからなくなってました・・・(;;

健闘を、祈ります

もう既に各自バラバラ
自分は丁度近くにいらっしゃったshionさんと共に戦地に赴くことに

健闘を、祈ってください (何


ぁ、ここからは各自別シナリオなので、他の方の戦果はその方のレポの方で確認されたし

まず、軽く企業ブースにどんな無配があり、配布開始時間は何時かなどを確認したり、直接配っているうちわ等をもらう為、2,3周ほどまわってみる
で、驚愕の事実判明

配布時間、集合時間に被りまくってるやんけ・・・orz;;

それもこれも、自分が安易に集合時間を昼のキリのいい時間帯に設定したせいな訳で
仕方が無いので早速綿密な回収計画を立てる

で、その後は自分の注文の品を順次回収

ちょっと時間が空いてしまったので西館1階に下りてみるも、やおいばかりで見るものは無く、すぐに企業に舞い戻り

そうこうしている間に配布時間が近づいてまいりましたよ

結果から言うと、2つは先頭でゲット
その方法をあなただけにお教えしましょう

ケース 1

配布時間になる前に何度もブースに行ってスタッフの人と顔見知りになっておく
そしてフレンドリーな会話をしておく
すると配布時間30分前くらいに自分がブースに行くと、そこから列を作り出してくれる訳さ
一番最初に受け取り、クリア

ところで30分も一人で待っていると、まぁ誰かと話すわな (この時はshionさんと別行動中)
で、一番前の特権でスタッフのメイドさんたちと話しているとあら不思議
携帯のメルアド交換までできちゃった~

こういう時に童顔は役に立つのさ フッ (超何

ケース 2

無配の列を誘導するには、当然そのゲームのキャラクター等が書いてある看板が必要
超大手以外は看板はその場で描く場合が多い
で、それを利用して描くところからスタッフに張り付いて待つ
当然その看板のところから列が作られる訳で
その人に張り付いていれば、自動的に先頭確定
ただし、この方法はライバルがいる可能性も十分に高い為、注意されたし

この他にもいくつか並び、無配の7割方をゲット
ここらは詳しく書いてもあまり意味が無いので、この程度にしておきましょう

しかしこの時点で自分で決めた集合時間に遅刻確定
皆様には本当に申し訳ないことをいたしました・・・orz;;

で、集合場所に遅刻して到着した時

「ぁ、NNW2、ずっと上にいてまだ買ってないんで買ってきます」

「もう売り切れましたよ」

「・・・・・・・ぇ?」

正直前回のペースから行くと売切れるなどということは想定もしておらず
さらにその場にいる方々の中で手に入れてないのは自分だけということを知り、げんなり

そしてこれは一時集合だと予定していたので、この後にもいろいろ回るつもりだったのだけど、他の方々が回り終わってしまっていたのでここで帰ることになり、げんにょり


ヒロシさんは途中で事情により離脱、平蔵さんは連絡が取れなくなった為、その他のメンバーでりんかい線へ
皆さんお疲れのようで
自分以外ジョリさん宅の方面のようなので、自分だけ一駅早く離脱

電車を降りようとしたとき、ジョリさんにより今日一番ハッピーな出来事が・・・

「コレ(NNW2)、あげるよ」

∑ マジっすかぁ~!!
お金を払おうと思ったのだけどいいといわれてしまった・・・
ジョリさん、このご恩はいつか必ず返させていただきますです! (ってここ見てもらえてないかw;)

電車を乗り継いで寝床へ

しかし、今日という日はまだ終わらないのだった・・・・・

--------------------


具体的に言うと、もともと今日の分に書いてあった内容を、そのまま全部昨日の分にコピペ
昨日の分は短かったからね
で、ここに次の分を書いた、と
ホント紛らわしくてスイマセンです・・・
首吊ってきまつ・・・・(orz;
[PR]
# by haku_n | 2005-09-20 16:41 | レポート   
2005年 09月 19日   
正直こんなに長くなるとは思っていなかった 今は反省している


--------------------

8月12日 00:00~09:30

時間は少し遡って、11日の夜

そんなこんなで明日はコミケ1日目
昨日のジョリさんとの約束通りにつく為には、当然始発に乗らないといけない
んで、始発の時間は5時15分
用意とかも考えたら、当然徹夜するしかないわけさ
かといって前の日もいろいろあって疲れてたわけだし、少し横になったのね

目の前が真っ暗になったよ
気がついたよ
時計を見たよ
うん、4時30分

正直どうしようかと思ったさ
でもある意味、このタイミングで起きられたのは奇跡ではないか、とね

と、いうわけで超光速で準備開始
折りたたみ椅子、傘、水分(野菜生活)、乾パン (ぇ
実際量もって行くと疲れるだけだし、このくらいが丁度いい

「寝床、でますた」

とメールして、いざ出発

やべ~、誰もいねぇ~
車の通ってない街ってなんかすごくいい~

なんて思いながら最寄り駅へ
自分の最寄り駅は比較的規模の大きい所というのもあって、始発からそれなりに人がいる
といっても当然並ぶほどはいないんだけどね
で、一箇所だけ人が並んでいる乗り口に並ぶ
みんな、GJ!

始発がやってくる
そして、早くも我々の戦いは始まる
ま、簡単に言って席の取り合いだけれども
その場にいるほぼ全員が同じ目的を持って電車に乗っている訳で、さらに徹夜した人も少なくは無いはず
立って仮眠は流石にできないし
差し詰め体力がバリバリ削られていく戦場に赴くにあたり、最後のヒールポイントってか
で、毎朝々々首都圏最高の混雑を誇る通勤通学ラッシュを体験している自分は当然勝ち抜きましたとも、えぇ
寝たら確実に死ねるのが解っていたので本日の音楽をチョイスして時間潰し

20分後の乗り換えの時、スヤスヤと寝息を立てる脱落者が3人いました ご愁傷様

今度の乗り換えは路線の端から端までなので安心して仮眠
車内アナウンスに起こされて、りんかい線へ臨戦態勢
(ここまで晒したら場所がわかる人もいるかもしれない・・・;)

で、皆で仲良くアイシールドごっこ

改札で詰まった人、清算で足止め食らった人、ご愁傷様
自分は前回の経験でちゃんとパスネットを用意していたさ

猛烈なダッシュ&軽やかな階段すべりによって、気付けば先頭を独走中

その時、僕は風になった

と思う間もなくりんかい線乗り場列に到着
必死に駅員がバラけるように指示しているけれども、誰も動く気配なし
当然の如く階段狙いということか

ジョリさん組の風月さんと「同じ電車じゃないですか」などとメールをしていると、電車登場
ここでポイント 列の先頭にいると車両の中に流されて、降りるのに手間取るよ? お兄ちゃん!
到着前の乗車状況と自分の前に並ぶ人の量を考え、ぴったり自分が入ったところで満車
ドアが開いたら即、出れる 経験がものをいう (ぇ
途中駅で無理に入ってこようとする人を追い返しつつ(「もういっぱいなんだって言ってんだろ!」)、無事国際展示場に到着

ダッシュ&ダッシュ!

そして、気付けば僕は光になった

なんて思う間もなく、何故か西口第2郡先頭を確保(第1郡はほぼ全員徹夜組の人達)
落ち着いたので風月さんに連絡すると、やはり同じ電車に乗っていたようで、しかし団体さんであるがために自分よりも後ろに居られるとの事
先頭だったので数人なら入れるかな~、と思って来ていただく

・・・・・・多! (6+1人)

さらに後で平蔵さんも合流されるとのことで、流石にこの人数が入るのは顰蹙、ということに
戻って列へ並びなおす

・・・一人で突っ走った挙句列を下げてしまい、ホントにスイマセンでしたです・・・(orz;;

並びなおすと幸運にも丁度後ろの郡の先頭にくる
大人数だとホント先頭でラッキーだったよ

で、ここからは持久戦 (心身共に)
持ってきたコンニャク畑やら乾パンやらを食しつつ(まさに戦場)、体力の温存
やー、でも自分としては「この程度」という感じ
以前の、吹雪の中初めて一人での始発からのコミケ、があるからね
周りに知り合いがいるだけでも十分
あの時は隣の月姫おにぃさんガンダムおばさんの優しさが心に沁みたよ・・・(つДT)

その後、平蔵さんも合流する
集合場所や時間をジョリさんとで話し合い(安易な時間設定が後々首を絞めることになろうとは・・・)、万全の体制
トイレも行ったし、それぞれ購入計画も確認済み (自分は今日は企業をうろつくだけw;)
暇をもてあまし、明日の時間確認も終わった

そして・・・・・・

列が動き出す

--------------------


このままでは「レポートは記事10枚以内に収める」というのが果たせないかもしれない・・・
[PR]
# by haku_n | 2005-09-19 23:32 | レポート   
ページトップ
The Original by Sun&Moon